20211012_農林水産省 令和3年度「フードサプライチェーンにおける脱炭素化の実践とその可視化の在り方検討会(第1回)」

10/12 農林水産省 令和3年度「フードサプライチェーンにおける脱炭素化の実践とその可視化の在り方検討会(第1回)」

農林水産省は令和3年度「フードサプライチェーンにおける脱炭素化の実践とその可視化の在り方検討会(第1回)」を10月12日に開催します。
令和2(2020)年10月、日本は「2050年カーボンニュートラル」を宣言しました。農林水産省は、令和3(2021)年5月に「みどりの食料システム戦略」を策定し、2050年までに農林水産業のCO2ゼロエミッション化の実現等を目指すこととしています。「脱炭素社会」を実現するためには、フードサプライチェーンを通じて温室効果ガスの排出削減や吸収を推進するとともに、その取組を可視化し、気候変動対策への資金循環や持続可能な消費行動を促すことが必要です。
農林水産省では、フードサプライチェーンの脱炭素化の方策や分かりやすい可視化の在り方等について専門的知見から指導・助言を受け、総合的かつ幅広い視点から検討を進めるために、本検討会を開催するとともに、本検討会のご助言等を踏まえ、食品事業者、農林漁業者等が脱炭素化の実践とその可視化に取り組む際の参考資料を作成しています。
一般社団法人サステナブル経営推進機構(SuMPO)は、昨年度に引き続き本検討会の事務局業務等を受託しております。

〇日時:2021年10月12日(火)10:00-12:30
〇開催方法:オンライン(YouTube限定配信)
〇傍聴申込要領:https://sumpo.or.jp/seminar/cc8kli00000002xl-att/moushikomiyouryou.pdf
〇傍聴申込フォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S28412062/

会議は公開ですので、ご希望の方は上記をご参照のうえ傍聴をお申し込みください。傍聴はオンラインのみ可能です。
また、会議URLは申込者のみに配布されます。

□お問合せ先-----------------------------------------------
検討会の運営について
一般社団法人サステナブル経営推進機構
担当者:川端、須永
ダイヤルイン:03-5209-7708
Email: fs_mieruka@sumpo.or.jp
------------------------------------------------------------
フードサプライチェーンにおける脱炭素化の実践とその可視化について
大臣官房政策課環境政策室
担当者:湯地、吉田
代表:03-3502-8111(内線3296)
ダイヤルイン:03-6744-2016
------------------------------------------------------------