20210627_SuMPO サステナブル経営推進機構 第15回神田塾開催

SuMPO サステナブル経営推進機構
第15回神田塾「カーボンニュートラルに向けてウッドチェンジ」開催のご案内

 一般社団法人サステナブル経営推進機構
(神田塾主宰者) 専務理事 壁谷武久

 SuMPOでは、定期的に会員を中心に互いに学び、刺激しあう“神田塾”を開講しています。
 通常、本塾では、今後、10年、100年先の未来社会を見据えて機智に富んだゲストスピーカーからの話題提供の後、ゲストも交えて参加者相互での楽しい交流を行っております。この度、通算第15回目となる神田塾開催のご案内をさせていただきます。
 さて、去る6月11日、脱炭素社会の実現に向けて、公共施設だけでなく民間の建築物にも積極的に木材を活用し、森林の整備につなげるなどの方針を盛り込んだ「木 材利用促進の改正案が参議院本会議で可決・成立しました。2050年カーボンニュートラルの実現を目指す我が国が唯一潤沢に保有する森林資源。省エネ推進や再生可能エネルギーの整備など先端技術を擁したエネルギー対策やネガティブエミッションなど新たな吸収・貯留技術などが成長戦略として示される中、豊かな森林資源を有する地域では、「裏山」の木を伐り、新たなに上若木を植え、未来世代の財産として残すことが持続可能な地域社会・経済の在り方として最も重要と考え、本法案の可決により、需要面での期待が生まれることで、林業自体が地域産業として活性化することを期待しています。
 今回の神田塾では、本法案の成立に先頭にたって尽力された元 林野庁木材利用課長、現 農林水産省 新事業・食品産業部 新事業・食品産業政策課長の長野麻子氏をお招きして、将来世代のための新しい経済の形、「ウッドチェンジ」を中心にサステナブルな未来の在り方についてお話を伺いたいと思います。
 長野課長は、海に山に常に全国を駆け巡り、その土地の人たちと交わり、会話し行動されています。SuMPOの会員の皆様にとってもとても頼もしい御仁です。コロナ禍ではありますが可能な方はぜひ、リアルでのご参加をお勧めします。
ぜひ、多数のご参加をお待ちしております。
    
【開催概要】
日  時: 2021年7月15日(木) 17:00-18:15
開催方法: オンライン開催(Teams)
参 加 者 :会員限定
参 加 費 :無料
 

【プログラム】

17:00-17:05 開会
    一般社団法人サステナブル経営推進機構 専務理事 壁谷武久
17:05-17:45 ゲストスピーカーによる講演
「カーボンニュートラル実現に向けてウッドチェンジ」
   農林水産省 新事業・食品産業部 新事業・食品産業政策課長 (元林野庁木材利用課長) 長野麻子氏
17:45-18:15 意見交換会
(東京におけるコロナ緊急事態宣言の発令により交流会は中止します)
18:15 閉会

<スピーカーのご紹介>

【講演】

長野 麻子氏 元林野庁木材利用課長、現農林水産省新事業・食品産業部 新事業・食品産業政策課長

東京大学文学部フランス文学科卒業後、農林水産省入省。バイオマスをカスケード利用する国家戦略策定に携わった後、()電通に出向してソーシャルビジネスの企画、食料産業局食品産業環境対策室長としてフードロス削減に向けた国民運動を手がけるなどして、2018年7月から林野庁木材利用課長に。公共建築への木材利用、木づかい運動、木材輸出など木材需要の拡大に向けて全国営業中。

【主宰者】  
壁谷 武久 一般社団法人サステナブル経営推進機構 専務理事  
1959年 愛知県生まれ
元経済産業省、20074月~20199月まで一般社団法人産業環境管理協会にてLCA事業、地域・産業支援事業に従事。20196月、一般社団法人サステナブル経営推進機構を設立し、10月から専務理事として専任化。「カーボンフットプリントプログラム」の事業化や「地力型循環経済社会」の提唱のもと、地域資源を生かした豊かな地域、産業づくりのための支援事業を展開。
現在は、コロナを契機とした社会変容を睨み、SDGs達成に向けたESG、CE(サーキュラーエコノミー)など「サステナブル経営」推進を通じた新たなビジネス創出支援のためのスキームづくりにチャレンジ中。
 
【お問い合わせ】
一般社団法人サステナブル経営推進機構
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-2-1 三井住友銀行神田駅前ビル
TEL:03-5209-7825  E-MAIL:kikaku@sumpo.or.jp