20201126_SuMPO/心豊かな未来ビジネスシンポ「サステナブル経営でESG、CE時代を駆け抜ける」

一般社団法人サステナブル経営推進機構
「SuMPO/心豊かな未来ビジネスシンポ」
~ サステナブル経営でESG、CE時代を駆け抜ける ~

 SuMPO(一般社団法人サステナブル経営推進機構)では、「心豊かな未来」を実現するために、「企業経営」の立場から会員企業ともども「サステナブル経営」のあり方を模索し、共創ビジネスの創出支援を目的に活動しています。

 2015年、世界共通目標たる「SDGs」、「気候変動条約(パリ協定)」が採択され、国内外投資家がESG※1に取り組む企業を応援する「ESG投資」は2018年に世界全体でのESG投資割合は33.4%まで拡大するなど本格化しており、これに伴い、関連のサプライチェーン全体での脱炭素化をはじめとした行動が拡がりをみせております。
 また、このような中、欧州では単一市場主義のもと、本年3月に「欧州新産業戦略」のもと、「グリーンディール戦略」と「デジタル戦略」が一体となったデカップリング政策(経済活動と環境影響の分離)が進められ、その具体的な行動計画として「CE※2行動計画」が発表されました。今後、法的措置を含む様々な規制強化とともに、欧州域内の中小企業に対しては、様々なインセンティブの付与がなされ、産業競争力の強化が進められる見通しとなっております。
 そしてこれらに共通するのは、「環境」と「経済」を対立軸に置くのではなく、双方を両立させる新たな価値創造に向けた動きであり、未来世代に現代社会の「負の財産」を引き継がない、いわゆる「サステナブル経営」への移行を模索している点にあります。

 そこで今回は、「ESG思考 激変資本主義1990-2020、経営者も投資家もここまで変わった」の著者、夫馬賢治氏からにESG、CEに取り組む企業が注目される理由と、企業が存続していくための“長期的なトレンドで物事を考える”ESG思考に基づいたこれからのビジネスについて解説していただきます。
 また、基調講演では、SuMPO専務理事の壁谷から、「尖った企業集団でESG、CE時代をかく戦う」と題して、SuMPOとしての「サステナブル経営戦略」をお話しさせていただきます。

 後半の第2部では「サステナブル経営でESG、CE時代を駆け抜ける」と題したパネルディスカッションを、夫馬氏とともに、「サステナブル経営」を牽引する株式会社神戸酒心館の安福武之助氏、リファインホールディングス株式会社の川瀬泰人氏を交えて、SuMPO理事長の石田秀輝のファシリテーションで開催します。
 「サステナブル経営」をいち早く実践している国内企業の最新事例と、尖った企業経営者の目に映る未来予想図を語り合います。
 多数のご参加をお待ちしております。

※1 ESG
環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもの。企業が長期的に成長するためには、ESGが示す3つの観点が必要だという考え方が世界的に広まってきています。
※2 CE
サーキュラーエコノミー(循環経済)。資源の大量消費/廃棄を前提とした従来の直線的なビジネスを改め、資源を可能な限り長く使い循環させることで、資源消費と経済成長を分離(デカップリング)し両立を目指す欧州を中心に世界的に広まりつつある経済の形です。

【開催概要】
 日  時:2020年11月26日(木)14:00~17:00
 開催形態:オンライン/ Microsoft Teamsライブイベント
 参 加 費: 無   料  (全員無料に変更させていただきました
      3,000円/人(一般の方)
 参加方法:Microsoft Teamsでのオンライン参加
 Microsoft TeamsのURLを取得するには、以下よりお申し込みください。
 お申し込み方法:https://ws.formzu.net/dist/S49772895/

【プログラム】

14:00 開会
14:02 基調講演:「尖った企業集団でESG、CE時代をかく戦う」
一般社団法人サステナブル経営推進機構 専務理事 壁谷武久
14:30 招待講演:「ESG思考でESG、CE時代を読み解く」
株式会社ニューラル 代表取締役CEO 夫馬賢治 氏
15:20 休憩
15:30 パネルディスカッション : 「サステナブル経営でESG、CE時代を駆け抜ける」

パネラー
・株式会社 神戸酒心館 代表取締役社長  安福武之助 氏
『自然と人を見つめるサステナブルな酒造り』
・リファインホールディングス株式会社 代表取締役社長  川瀬泰人 氏
 『サステナブル社会へ向けて「資源」「環境」「こころ」のリファイン』
・株式会社ニューラル 代表取締役CEO 夫馬賢治 氏
・一般社団法人サステナブル経営推進機構 専務理事  壁谷武久
『自然と人を見つめるサステナブルな酒造り』

ファシリテータ
 一般社団法人サステナブル経営推進機構 理事長 石田秀輝
17:00 閉会

【お問い合わせ】
一般社団法人サステナブル経営推進機構
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-2-1 三井住友銀行神田駅前ビル
TEL:03-6672-3948  E-MAIL:kikaku@sumpo.or.jp

<講師紹介>

【招待講演】

夫馬賢治 様 株式会社ニューラル CEO

サステナビリティ経営・ESG投資アドバイザー。上場企業大手や機関投資家を多くクライアントに持つ。Sustainable Japan編集長。著書「ESG思考」(講談社+α新書)、「データでわかる 2030年 地球のすがた」(日本経済新聞出版)。環境省と農林水産省のESG分野の有識者委員会委員。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌等への出演・取材対応多数。ハーバード大学大学院修士、サンダーバード・グローバル経営大学院MBA、東京大学教養学部卒。
http://neural.co.jp/about/team/

石田 秀輝氏

【パネラー】

安福武之助 様 株式会社 神戸酒心館 代表取締役社長

大学卒業後、アサヒビール株式会社勤務を経て、2003年10月 株式会社 神戸酒心館に入社。2007年6月 同社 取締役副社長、2011年8月 代表取締役社長に就任。清酒「福寿」の醸造元として、国内百貨店などに販売する一方、日本酒の海外輸出事業も推進し、2016年日本酒造組合中央会 海外戦略委員に着任するなど、国内外で日本酒の啓蒙・教育にも注力している。

川瀬泰人 様 リファインホールディングス株式会社 代表取締役社長

  化学工学会・東海支部 支部長、日本溶剤リサイクル工業会 会長、日本液体清澄化技術工業会 理事 等。
19803月 金沢大学工学部化学工学科卒業、19861月 千葉蒸溜㈱ 入社、1994年9月 日本溶剤リサイクル工業会 事務局長に就任、2003年9月 日本リファイン㈱ 代表取締役社長に就任(19917月 大垣蒸溜工業㈱が千葉蒸溜㈱を吸収合併し、日本リファイン㈱に社名変更)、2006年3月 名古屋大学大学院 工学研究科にて博士(工学)の学位を取得、2015年5月 日本溶剤リサイクル工業会 会長に就任(現在)、2018年1月 リファインホールディングス㈱、代表取締役社長に就任(現在)

石田秀輝 一般社団法人サステナブル経営推進機構 理事長

1953年生まれ。2004年㈱INAX(現LIXIL)取締役CTO(最高技術責任者)を経て東北大学大学院環境科学研究科教授、ものつくりとライフスタイルのパラダイムシフトに向けて国内外で多くの発信を続けている。特に、2004年からは自然のすごさを賢く活かすあたらしいものつくり『ネイチャー・テクノロジー』を提唱、2014年から『心豊かな暮らし方』の上位概念である『間抜けの研究』を沖永良部島へ移住、開始した。地球村研究室 代表・東北大学名誉教授・星槎大学特任教授・(社)サステナブル経営推進機構理事長・酔庵塾塾長・ものつくり生命文明機構理事・アースウォッチ・ジャパン理事・ネイチャー・テック研究会の代表などを務めている。

石田 秀輝氏
壁谷武久 一般社団法人サステナブル経営推進機構 専務理事

1959年 愛知県生まれ
1959年生まれ。元経済産業省、2007年4月~2019年9月まで一般社団法人産業環境管理協会にてLCA事業、地域・産業支援事業に従事。2019年6月、一般社団法人サステナブル経営推進機構を設立し、10月から専務理事として専任化。「カーボンフットプリントプログラム」の事業化や「地力型循環経済社会」づくりの提唱による「環境・エネルギー」を軸とした豊かな地域、産業づくりのための支援事業を展開。現在は、SDGs達成を視野にサステナブル経営推進を通じた新たなビジネス創出支援のためのスキームづくりにチャレンジ中。