エコリーフ/CFP算定実施サービス

エコリーフ/CFP算定実施サービス

エコリーフ/CFP算定・取得支援

専門コンサルタントが、具体的な製品のエコリーフ/CFP算定に関して、エコリーフ環境ラベルプログラムの規程・要求事項に準じて支援します。 支援の範囲は、検証申請書の作成からレビューパネルにおける最終判定までです。

製品ライフサイクル

おすすめする場面

  • エコリーフ/CFP宣言の認定を目標とする期日までに確実に得たいとき

SuMPOサービスの強み

  • 豊富なPCR策定・算定支援実績(飲食料関係、オフィス用品関係、木材・木製製品関係、電気電子機器関係、等)

支援要領

(1)事前準備
対象製品の基本情報を事前提出いただき、業務内容を確認します。

  • 製品本体情報として製品のカタログや構成図等
  • 製造情報として、製造サイトフロー図等
  • エコリーフ/CFPの取得目的、背景、方針等の概要が分かる資料等

(2)担当人数と支援回数

  • 原則1~2名での対応、必要に応じて増員
    実質支援時間は標準3.5時間(半日)、最大7時間(1日)
  • 標準回数はコンサルティング3回+チェック1回、必要に応じて増減

(3)支援方式
原則、各ステップは、〔支援+実施(宿題)〕を単位として下記のように実施

支援イメージ
  • 支援:準備や前ステップの宿題について確認し、それらの改善点指摘や次のステップへのアドバイスをします。
    (この指摘やアドバイス内容が、次ステップの宿題になります。)
  • 実施(宿題):支援の指摘やアドバイスを基に、データ調査や検証申請書素案の作成をしていただきます。
    この結果は、原則として、次の支援日の1週間前までにコンサルタントへ提出していただきます。

(4)支援手順
下記の通り、4つのステップで実施。

支援イメージ

Step1:申請製品の情報整理とデータ収集方法の決定

  • 申請製品の範囲特定、登録情報の記載、PCRの内容確認
  • 収集が必要なプロセスの抽出、ライフサイクルフロー図の作成とデータ収集方法の検討

【次回までの宿題】

  • PCRに従い収集可能なデータを収集(収集困難なデータについても整理)

Step2:収集データの確認と不足データへの対応検討

  • 収集データの整理・編集および算定
  • 収集データの根拠の明確化、エビデンス確認
  • 収集困難な不足データについての収集方法の検討

【次回までの宿題】

  • 検証申請書素案の事前作成、不足データの追加調査等)

Step3:検証申請書素案の作成

  • 申請書のデータ入力シートの記載内容の確認
  • データ根拠シートの記載内容の確認
  • 登録情報、数値表示案の確認

【次回までの宿題】

  • 検証申請書素案への指摘事項への対応検討、修正

Step4:検証申請書の完成

  • 検証申請書の最終チェックと修正対応
  • 検証申請の手続き案内

【次回までの宿題】

  • 検証申請書を完成させ事務局へ提出。
  • コンサルタントはレビューパネルの最終判定までの責務を負う(レビューパネル指摘事項の対応等)

料金

200,000円/回
※ 標準4回指導、講師旅費実費別途、消費税別途

※ 成功保障

  • 保障条件:Step1~3の算定支援を受けた上で、検証申請書の提出前にStep4のコンサルタントの最終チェックを受けた場合とします(原則、部分的なコンサル支援のみの場合は含みません)
  • レビューパネルで不合格の場合
    →再申請をする場合:追加コンサル費用+再申請料は当協会が負担します。
    →再申請をしない場合:コンサル費用を50%減額します。


お問合せ・お申込みフォーム