製品カテゴリールール・LCA算定ガイド作成支援

製品カテゴリールール(PCR)・LCA算定ガイド作成支援

製品カテゴリールール(PCR:Product Category Rule)策定支援

専門コンサルタントを派遣して、具体的な製品のPCR策定に関して、エコリーフ環境ラベルプログラムの規程・要求事項等に準じて支援します。支援の範囲は、PCR原案策定からレビューパネルにおける認定取得までです。

製品ライフサイクル

おすすめする場面

  • エコリーフ/CFP宣言の認定を受けたい商品が含まれるPCRが無く、新たに策定する必要があるとき
  • PCR策定を目標とする期日までに確実に仕上げたいとき
  • 企業間での調整が必要になる場面で客観的な意見が欲しいとき

SuMPOサービスの強み

  • 豊富なPCR策定・算定支援実績(飲食料関係、オフィス用品関係、木材・木製製品関係、電気電子機器関係、等)

支援要領

(1)事前準備
対象製品及びPCR策定実施者(個社またはPCR-WG(ワーキンググループ))の基本情報を事前提出いただき、業務内容を確認します。

  • 製品本体情報として製品のカタログや構成図等
  • 製造情報として、製造サイトフロー図等
  • PCR策定実施者情報(PCR-WGの場合はメンバー構成、個社の場合は会社情報等)
  • エコリーフ/CFPに関する情報として、取得目的、背景、方針等の概要が分かる資料等

(2)担当人数と支援回数

  • 原則1~2名での対応、必要に応じて増員
    実質支援時間は標準3.5時間(半日)、最大7時間(1日)
    (PCR素案のメール・電話ベースでの添削、質問対応等を含みます)
  • 標準回数はコンサルティング4回で、必要に応じて増減

(3)支援方式
原則、各ステップは、〔支援+実施(宿題)〕を単位として下記のように実施

支援イメージ
  • 支援:準備や前ステップの宿題について確認し、それらの改善点指摘や次のステップへのアドバイスをします。
    (この指摘やアドバイス内容が、次ステップの宿題になります。)
  • 実施(宿題):支援の指摘やアドバイスを基に、データ調査やPCR原案の作成をしていただきます。
    この結果は、原則として、次の支援日の1週間前までにコンサルタントへ提出していただきます。

(4)支援手順
 下記の通り、4つのステップで実施。

支援イメージ

Step1:ライフサイクルフロー図とPCR素案作成

  • エコリーフ環境ラベルプログラムの概要説明
  • PCRに関する要求事項及びPCRの位置づけ、重要性説明
  • PCR策定ガイドの内容、使い方、位置づけの紹介
  • 関連文書、用語確認
  • 当該PCR適用範囲や製品分野の検討、設定
  • 製品システムの確認、ライフサイクルフロー図の作成 等

【次回までの宿題】

  • PCR策定実施者がPCR素案作成→コンサルタントが素案添削→指摘に対するPCR策定実施者の事前検討

Step2:ライフサイクルフロー図とPCR素案の修正

  • ライフサイクルフロー図の確定
  • PCR素案の説明及び課題の抽出
  • データ収集項目ならびに1次データ収集項目・条件の検討
  • 各種シナリオの設定、シナリオ内容の検討

【次回までの宿題】

  • PCR策定実施者がPCR素案作成→コンサルタントが素案添削→指摘に対するPCR策定実施者の事前検討

Step3:PCR原案の作成

  • PCR修正案の課題検討及び対応
  • データ収集項目ならびに1次データ収集項目・条件の決定
  • 各種シナリオの決定、その根拠の確認

【次回までの宿題】

  • 残った課題を検討しPCR原案を作成、暫定試算結果修正

Step4:PCR原案の確認

  • PCR原案の最終チェック
  • PCR原案申請から認定までの準備・フロー確認 等

【次回までの宿題】

  • PCR原案の完成、事務局へ提出。
  • コンサルタントはPCR認定までの責務を負う(レビューパネル指摘事項の対応等)

料金

350,000円/回
※ 標準4回指導、講師旅費実費別途、消費税別途


お問合せ・お申込みフォーム