研究員詳細

研究員詳細

神崎 昌之

LCAエキスパートセンター
統括研究員

神崎 昌之

専門領域

・資源循環に基づく脱炭素化の実現と事業戦略
・新しい生産性指標に基づくサステナブル経営

注力テーマ

サプライチェーンマネジメントを通じた脱炭素化アクション

その他(学会等)

LCA学会理事

活動実績

・脱炭素型フードサプライチェーン可視化(見える化)推進委託事業(2020年度 農林水産省)
・セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務(NCV事業)(2016~2020年度 環境省)
・環境負荷削減及び削減貢献量の見える化に関する調査事業(2013~2020年度 経済産業省(再委託))

論文・書籍発行等

・サステナブル経営におけるバックキャスティングとライフサイクル思考の活用, 日本LCA学会誌, 16(3), 182-187, (2020)
・タイプⅢ環境宣言におけるEHSAツールの活用、日本LCA学会誌, 15(1), 48-53,(2019)
・建築分野における定量的環境情報宣言の活用動向, 日本LCA学会誌,13(2),142-149,(2017)

一言メッセージ

使い終わった次の姿を意識してつくられたモノは、製品というより製品システムというかたちで売られ、大切に使われ、循環してゆく、そんなビジネスとライフスタイルを作っていきましょう

小林 弘幸

経営企画部
統括研究員

小林 弘幸

専門領域

・地域産業政策(主に地域中核企業のイノベーション支援)
・地域中小の経営戦略、事業計画支援分野
・循環経済プロジェクト企画

注力テーマ

サステナブル経営、循環経済、地域中核企業活性化

その他(学会等)

中小企業診断士

活動実績

・地域中核企業支援事業、地域産業デジタル化支援事業(経済産業省)
・セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業、セルロースナノファイバーの次世代素材活用推進事業、脱炭素革新素材セルロースナノファイバー普及のための課題解決支援事業(2016年~2021年 環境省)
・中部地域における循環経済(サーキュラーエコノミー(CE))の実現に関する実態調査および検討(経済産業省 中部経済産業局)、プラスチック資源循環モデル創造プロジェクト(サーキュラーエコノミープロジェクト)(自主事業)

一言メッセージ

カーボンニュートラル社会の実現のためには、地域産業を支える地域の中核的存在の企業の活躍が不可欠です。高い意欲を持って行動する地域企業を応援します。

戸川 孝則

カーボンニュートラル事業部
主任研究員

戸川 孝則

専門領域

・環境経営・CSR経営に係る戦略
・資源循環・地域政策に係る事業戦略
・連携組織における環境・CSRに係る戦略

注力テーマ

サーキュラーエコノミー、SDGs、環境マネジメント

その他(学会等)

・横浜環境活動賞審査委員会委員長(横浜市)
・関東学院大学 非常勤講師(環境マネジメント)

活動実績

・地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業に係る調査・検討委託業務(2020年 環境省)

論文・書籍発行等

・未利用古紙のバイオエタノール原料としての評価(神奈川県産業技術センター研究報告(Web), 21,6-9 )

一言メッセージ

「脱炭素社会」、「循環経済」、「分散型社会」の三つの移行によって、私たちを取り巻く外部環境は加速度的に変化しています。 持続可能な経済社会への「リデザイン(再設計)」が求められる今、皆様との意見交換の中から、より良い会社にするためには何をすべきなのかを見つけていきます。

鶴田 祥一郎

コンサルティング事業部
主任研究員

鶴田 祥一郎

専門領域

・再生可能エネルギー等のエネルギー政策
・ライフサイクルアセスメント(LCA)
・エコデザイン(環境配慮設計)

注力テーマ

エコデザイン、サステナビリティ、地球温暖化

その他(学会等)

日本LCA学会:企画委員会副委員長、年会実行委員会委員
武蔵野大学兼任講師

活動実績

・セルロースナノファイバー適用部材拡大のための課題解決支援事業委託業務(2020年 環境省)
・ケミカルリサイクルの社会実装に向けた調査・課題検討委託業務に関する収集すべきデータや知見及びその解析・評価手法検討業務(2020年 デロイトトーマツコンサルティング合同会社:環境省外注)
・水素利活用CO2排出削減効果等評価・検証委託業務に関する地域連携・低炭素水素技術実証事業の支援及びLCAガイドライン・LCA計算ツール類の改良等支援業務(2020年 デロイトトーマツコンサルティング合同会社:環境省外注)

論文・書籍発行等

・【学会誌】(解説)温室効果ガス排出削減貢献量算定ガイドライン第ニ版の策定:様々な国や地域での製品の普及による削減貢献量評価を考慮した改訂, 日本LCA学会誌, 17(2), 62-67, (2021)
・【学会発表】自動車のサービス化を想定した将来ライフサイクルCO2排出量試算(第16回日本LCA学会研究発表会, 2-B1-04 )
・【セミナー等発表】製品等の温室効果ガス排出削減貢献量算定ガイドライン改訂版の説明(2021年2月19日 日本LCA学会講演会 「温室効果ガス排出削減貢献量の活用」)

一言メッセージ

カーボンニュートラル社会の実現のため、みんなで脱炭素行動を起こせるようがんばります。

山岸 健

LCAエキスパートセンター
統括室
主任研究員

山岸 健

専門領域

・ライフサイクルアセスメント(LCA)
・バックキャスティング

注力テーマ

サステナブルデザイン、気候変動

その他(学会等)

日本LCA学会

活動実績

・セルロースナノファイバー(CNF)等の次世代素材活用推進事業(2020年度 環境省)
・LCAソフトウェアMiLCA(みるか)開発
・民間企業のLCAコンサルティング業務

論文・書籍発行等

・Impact of Carbon Tax Increase on Product Prices in Japan, Energies 2021, 14(7), 1986; https://doi.org/10.3390/en14071986
・各種パワートレイン別の乗用車製造インベントリデータの推計, 第16回日本LCA学会研究発表会
・ワークショップ「LCAを活用した環境負荷可視化に係る最新の国際動向—環境フットプリントと新たなLCAデータベース国際協調の枠組(GLAD)—」:題名「欧州委員会環境フットプリントの最新動向:各パイロットの検討状況」

一言メッセージ

自社の製品やサービスが環境に与える影響や環境への貢献効果はどの程度のものなのか?このような企業の方の疑問に、SuMPOの業(わざ)をもってお答えできるよう努めます。

コンサルティング事業部
企画開発室
主任研究員

伊藤 聖子

専門領域

・製品、サービスに関する環境影響評価
・LCAによる環境コミュニケーション

注力テーマ

LCA、環境コミュニケーション

活動実績

・セルロースナノファイバー適用部材拡大のための課題解決支援事業委託業務(2020年 環境省)
・低CO2川崎ブランド及び川崎メカニズム認証制度支援業務(2020年 川崎市)
・地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業に係る調査・検討委託業務(~2020年 環境省)

一言メッセージ

脱炭素社会の実現に向けた企業の努力が評価され、業績につなげられるよう、全力でご支援します。

胡 勝治

LCAエキスパートセンター
統括室
主任研究員

胡 勝治

専門領域

・ライフサイクルアセスメント、環境評価
・製品、サービスに関する環境貢献評価
・企業における環境マネジメント実践支援

注力テーマ

サステナブル経営、地球温暖化対策

活動実績

・バイオマスからC4化成品製造に関する実証事業におけるLCA算定受託業務(2020年 環境省)
・CO2川崎ブランド及び川崎メカニズム認証制度支援業務(2020年 川崎市)
・国産材CLTの製造コストを1/2にするための技術開発におけるLCA算定受託業務(2019年 農水省)

一言メッセージ

「一生懸命」、「努力」、「頑張り」を避け、効率良く同等のゴール付近を目指します。

堀田 園江

経営企画部
会員事業室/広報室
主任研究員

堀田 園江

専門領域

・環境経営・CSR経営に係る戦略
・資源循環・地域政策に係る事業戦略

注力テーマ

サーキュラーエコノミー、SDGs

活動実績

・地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業に係る調査・検討委託業務(~2020年 環境省)
・会員活動事業従事(2020~ 自主事業)

一言メッセージ

会員皆様の活動の魅力向上に向けて「サステナブル経営」を通じた交流機会の提供、共創ビジネスの創出に向けて、少しでもお役に立てますよう励んでまいります。

LCAエキスパートセンター
統括室
副主任研究員

加治 知恵

専門領域

・カーボンフットプリント/エコリーフ
・ライフサイクルアセスメント(LCA)

注力テーマ

カーボンフットプリント/エコリーフ

活動実績

・低CO2川崎ブランド及び川崎メカニズム認証制度支援業務(2020年度 低CO2川崎ブランド等推進協議会)
・脱炭素型フードサプライチェーン可視化(見える化)推進委託事業(2020年度 農林水産省)
・環境フットプリント対応及び諸外国のラベリングプログラム等に関する調査(2020年度 経済産業省 再委託)

一言メッセージ

サステナブルな社会の実現に向けて取組んで参ります。

カーボンニュートラル事業部
カーボンニュートラル事業室
副主任研究員

澤村 翔太

専門領域

・ライフサイクルアセスメント
・環境評価・マネジメント
・品質管理

注力テーマ

地球温暖化

活動実績

・セルロースナノファイバー利活用ガイドライン作成事業委託業務(2020年 環境省)
・サプライチェーンにおける温室効果ガス排出量等算定方法に関する原単位整備業務(2020年 みずほ情報総研株式会社(環境省再委託))
・低CO2川崎ブランド及び川崎メカニズム認証制度支援業務(2019年 低CO2川崎ブランド等推進協議会)

一言メッセージ

日々少しずつでも学び、業務に取り組んで参ります。

乾 大樹

コンサルティング事業部
地域支援室
副主任研究員

乾 大樹

専門領域

・地域環境・エネルギー政策
・ZEB(Zero Energy Building)
・地方自治・地方財政

注力テーマ

地域循環共生圏・地方創生

活動実績

・地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業に係る調査・検討委託業務(2020年 環境省)
・中部地域における循環経済(サーキュラーエコノミー(CE))の実現に関する実態調査および検討(2020年 経済産業省中部経済産業局)
・温室効果ガス排出抑制指針(業務部門)等の調査委託業務(2019年 環境省)

一言メッセージ

カーボンニュートラルは企業だけでなく、住民生活にも直結する領域です。地域が持つ歴史や文化に学ぶミクロの目線、社会の潮流や地域の将来像を読み解くマクロの目線から、心豊かな社会の実現のために共に歩んでいきたいと考えています。

LCAエキスパートセンター
統括室
副主任研究員

須永 紗希

専門領域

・ライフサイクルアセスメント
・環境評価、マネジメント

注力テーマ

LCAによる環境影響評価

活動実績

・脱炭素型フードサプライチェーン可視化(見える化)推進委託事業(2020年度 農林水産省)
・セルロースナノファイバー利活用ガイドライン作成事業委託業務(2020年度 環境省)
・企業の環境経営コンサルティング業務(2020年度~)

一言メッセージ

みなさまにご提供いただく情報とSuMPOが持つ技術を合わせて課題解決に取り組んでいきたいです。

カーボンニュートラル事業部
環境ラベル事業室
副主任研究員

岩下 博哉

専門領域

・ライフサイクルアセスメント
・海外政策・動向調査
・バイオマス・食糧生産

注力テーマ

地球温暖化、バイオマス

活動実績

・セルロースナノファイバー適用部材拡大のための課題解決支援事業委託業務(2020年 環境省)
・水素利活用CO2排出削減効果評価・検証委託業務(2020年 デロイトトーマツコンサルティング合同会社 環境省再委託)
・ケミカルリサイクルの社会実装に向けた調査・課題検討委託業務(2020年 デロイトトーマツコンサルティング合同会社 環境省再委託)

一言メッセージ

脱炭素社会の実現に少しでも貢献できるよう、日々励んで参ります。

カーボンニュートラル事業部
環境ラベル室
研究員

川端 将太朗

専門領域

・環境倫理・環境社会学分野
・オペレーション改善
・Webアプリケーション開発:詳細設計・プログラミング

注力テーマ

カーボンフットプリント/エコリーフ

活動実績

・環境省:SDGsステークホルダーズミーティング、気候リスク/機会の評価事業調査・検討業務 (2021年)
・農林水産省:脱炭素型フードサプライチェーンの可視化・ESG情報開示推進委託事業 (2021年)
・分散型の水管理システムを通した 風かおり 緑かがやく雨水社会の構築<多の物語をつむぐ>チーム (2019年)

一言メッセージ

サステナブルな社会の実現に向けて日々邁進いたします。

カーボンニュートラル事業部
カーボンニュートラル事業室
研究員

中内 稀誠

専門領域

・海外政策・動向調査
・ライフサイクルアセスメント

活動実績

・環境省:令和3年度脱炭素革新素材セルロースナノファイバー普及のための課題解決支援事業委託業務
・セルロースナノファイバーの社会実装に向けた川上・川下企業に関する調査(2021年)

一言メッセージ

2050年以降も豊かな社会でいられるように、日々邁進していきます。

コンサルティング事業部
企画開発室
研究員

カカール 杏樹里

専門領域

海外政策・動向調査

活動実績

・水素利活用CO2排出削減効果等評価検証委託業務、水素キャリアに係る海外政策・動向調査(2021年度)

一言メッセージ

サステナビリティを暮らしの当たり前にできるように問題解決に取り組んでいきます。

コンサルティング事業部
企画開発室
研究員

神谷 優大

専門領域

海外政策・動向調査

その他(学会等)

【所属学会】北ヨーロッパ学会
国際協力団体 野毛坂グローカル 理事

活動実績

・セルロースナノファイバーの社会実装に向けた川上・川下企業に関する調査
・サプライチェーンにおける温室効果ガス排出量等算定方法に関する原単位整備業務(2021年 みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社再委託)

論文・書籍発行等

・【講演】Ao, M., & Kamiya, Y. (2019). Pathways to Reducing Marine Plastic Pollution from Land-Based Sources in ASEAN Countries. Presented at the 14th GMSARN International Conferenece 2019, Luang Prabang, Laos, November 2019.

一言メッセージ

心豊かな社会の実現を目指し、業務に取り組んでいきます。