新LCA(ライフサイクルアセスメント)コンサルティングサービスのご案内

  • 2021-12-22

新LCA(ライフサイクルアセスメント)コンサルティングサービスのご案内

~カーボンニュートラルの実現に向けた企業内LCAスキル活用サービスの提供開始~


 一般社団法人サステナブル経営推進機構(東京都千代田区、代表理事:壁谷武久、以下、「SuMPO(さんぽ)」という。)は、2050年カーボンニュートラルの実現に向け、LCA コンサルティングサービスを刷新します。新サービスは2022年1月より順次受付を開始し、同年4月より本格的なサービス提供開始を目指します。

 近時、カーボンニュ-トラル実現への対応やESG投資の進展に伴い、企業においてはサプライチェーン全体を含めた全社的なカーボンマネジメントの機運が高まっています。こうした流れの中、SuMPOの「LCA・カーボンフットプリント支援サービス」へのサービスニーズが高まり、その多くは個別製品の算定代行サービスを期待するもので顧客からのSCOPE3(カテゴリー1:製品・サービスの購入)対応が求められたものでした。

 一方、現在世界的に高まるカーボン情報の開示はまさに自社の事業活動全体をしかるべき時期までにカーボンニュートラルにするもので、こうした個々の算定代行では「カーボンニュートラル」への移行といった社会ニーズに十分に応えられないものとして、2021年8月に断腸の思いで上記の支援サービス事業のうち「LCA実施体制構築支援」、「LCA算定代行支援」につきまして、新規のお見積り、受託契約を凍結させていただきました。この間、一部の皆様には大変なご迷惑をおかけしておりましたこと改めましてお詫びを申し上げます。
 一部サービスの受託凍結を決断しましてから、当機構内外の体制整備とともに、こうした加速度的な社会ニーズに対応していくためには、企業自らがLCAのノウハウを有した社内体制を整備すること、そのために必要なLCAエキスパート人材の養成と責任あるサービス体制の整備を進めることが重要であるとの認識に立ち、従来のサービス内容を一新すべく準備を進めて参りました。
 SuMPOでは、この度、こうした認識に基づき、従来の「LCA コンサルティングサービス」を刷新し、新たに「新LCA(ライフサイクルアセスメント)コンサルティングサービス」として、本日、以下のとおりその内容をリリースさせていただくものです。

SuMPOLCAコンサルティングサービス>

LCA(ライフサイクルアセスメント)は、製品の一生を通じた環境影響を定量評価することで、自社の環境配慮設計(エコデザイン)に客観的な根拠と信頼性を与えます。サステナビリティが求められる時代に導入が期待されるイノベーティブな新技術、例えば、電気自動車、再生可能エネルギー、水素、バイオ素材等について、研究・技術開発段階から社会実装までを想定したサステナビリティ/環境負荷削減への貢献量の評価を実現します。
 今般、カーボンニュートラルを志向するすべての企業がLCAを内部化し、世界潮流として高まるカーボンフットプリント等の情報開示に加速度的かつ戦略的に対応できるように「コンサルティングサービス」の内容を一新し、改めてSuMPOの強みである20年以上にわたるLCA・カーボンフットプリントの実績に基づき中立的かつ公正・公平な立場でのLCAコンサルティングサービスを提供します。

 

コンサルティング
メニュー

概要

経営者・経営幹部向けライフサイクル思考セミナー

企業の経営者、幹部を対象にサステナブル経営を取り巻く経済・社会・地球環境問題に関する、各国政策、国際的な各種イニシアティブ・制度等の最新動向を背景としたライフサイクル思考の重要性と有用性を解説します。

オンラインLCA講座

企業の実務者(経営企画部、事業部、IR/CSR/環境部)を対象に、LCAの概要や必要性、算定方法等を動画配信、実務演習を通じて解説し、実践的スキルを身につけていただくオンラインでの集合型講座を定期的に開催します。

LCAエキスパート養成塾

企業内でLCA実施の核となる人材育成やコンサルタント等を対象にLCAエキスパートの養成塾を定期的に開催します。終了者にはSuMPO LCAエキスパート養成塾終了証を交付します。実務実施の際にはSuMPOから支援します(有償)。

LCA包括支援サービス

LCAに関する社内体制の構築・維持を年間単位で支援します。具体的な支援内容は以下の通りです。①LCA算定のための社内体制構築、②LCA算定社内ガイドラインの策定、③環境貢献製品(タイプII環境ラベル)に関する社内制度の策定、④温室効果ガス等の環境負荷削減貢献量算定社内ガイドラインの策定、⑤環境配慮設計の基準策定、⑥適宜の技術相談等

LCA算定支援

●LCA算定支援
製品やサービスのライフサイクルでのCO2排出量等のLCA算定ロジック作成を支援します。(算定作業は事業者側で行うことを想定)
●技術相談
LCA
に関する技術相談、算定方法についてのご質問等にスポット的に対応します。

SCOPE3算定支援サービス

GHGプロトコルに基づく企業単位でのSCOPE1(直接排出量)、SCOPE2(間接排出量)、SCOPE3(購入した製品・サービスに関する排出量、使用段階、廃棄・リサイクル段階での排出量など)の算定を支援します。

LCA検証・評価

LCAによる評価結果を第三者としてレビューします。


 新サービスは2022年1月より順次受付を開始し、同年4月より順次条件が整い、両者協議の上、本格的なサービス提供のスケジューリングを目指します。
 また、新サービスは、先に発表したSuMPO/カーボンニュートラル・イニシアティブ(2021年6月)で提言した「2030年カーボン価値実感社会」構築の目標に向けた取り組みの一つとして、関係者の理解醸成を得ながら推進してまいります。


(お問合せ方法)
 一般社団法人サステナブル経営推進機構ホームページの「お問合せ」欄にて受付・対応させていただきます。
 お問合せフォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S21027334/




[1]LCA(ライフサイクルサイクルアセスメント):原料となる資源の採取や素材製造、部品製造、製品製造、流通、使用、廃棄に至る製品のライフサイクル全体を通じた、投入資源・エネルギー、排出する環境負荷物質およびそれらによる地球や生態系への潜在的な環境影響を定量的に評価する手法