SuMPO環境ラベル公開セミナー(5/27開催)のYouTube公開

SuMPO環境ラベル公開セミナー:
なぜ今、「LCA」、「カーボンフットプリント」が注目されているのか

 5月27日に開催しましたSuMPO環境ラベル公開セミナーについて、多くの皆様からアーカイブ配信の要望をいただきましたので、この度SuMPOのYouTubeチャンネルでセミナーの模様を公開致しました。
 SuMPO(一般社団法人サステナブル経営推進機構)では、国内唯一のISO国際規格に準拠した環境製品宣言(情報開示)プログラムホルダーとして、20年にわたりLCA手法を用いて製品・サービスの環境情報を定量的に開示する「エコリーフ」、「カーボンフットプリント」の第三者評価・登録公開事業を実施しております。
また、菅首相の「2050カーボンニュートラル宣言」を受けて、SuMPOでは、去る5月13日に「SuMPO/カーボンニュートラルイニシアティブ」(中間報告)を取りまとめ、2030年、「カーボン価値」の実感できる社会の実現を目指すこととしております。
その実現のための重要な手段として「環境ラベルプログラム」の「刷新」を掲げ、さらなる利便性の向上に取り組んでまいります。
 本セミナーでは、エコリーフ環境ラベルプログラムの概要や実際にラベルを取得いただいている事業者の活用事例を紹介するとともに、カーボンニュートラル社会における環境ラベルの在り方や活用方法を議論させていただきました。ぜひ、「サステナブル経営」推進の一助としてご聴講いただければ幸いです。

YouTubeの動画はこちらをクリック

※当日の講演資料は動画の概要欄に記載しているURLからアンケートに回答いただきますとダウンロードいただけます

【プログラム】
 開会挨拶 SuMPO専務理事 壁谷 武久
       「SuMPO/カーボンニュートラルイニシアティブ」について(中間報告)
 セミナー第1部 「今、LCA、カーボンフットプリントが注目されている理由とは?」
 セミナー第2部 「エコリーフ/カーボンフットプリント環境ラベルの概要」
 セミナー第3部 「環境ラベルプログラムの活用事例の紹介」
      活用事例①:日本製鉄株式会社 技術総括部 部長代理 礒原 豊司雄 様
      活用事例②:株式会社J-オイルミルズ コーポレートコミュニケーション部 CSRグループ 藤田 一郎 様
 セミナー第4部 パネルディスカッション
    テーマ  「カーボンニュートラル社会における環境ラベルの在り方と活用方法」
    パネラー  日本製鉄株式会社 技術総括部 部長代理 礒原 豊司雄 様
          株式会社J-オイルミルズ コーポレートコミュニケーション部 CSRグループ 藤田 一郎 様 
    ファシリテーター SuMPOカーボンニュートラル事業部部長 神崎 昌之
 閉会挨拶 SuMPOカーボンニュートラル事業部 戸川 孝則


【お問合せ・連絡先】一般社団法人サステナブル経営推進機構(SuMPO)
 カーボンニュートラル事業部 環境ラベル事業室 戸川、加治、望月、大野、堀口
 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-2-1三井住友銀行神田駅前ビル
 TEL:03-5209-7712 E-mail:ecoleaf@sumpo.or.jp